• « 2017⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

過去の祭りに出した作品その2

もしもアレックスが逆襲してきたら 2007紅白NO17

ドコなんだよ・・・ココは・・・

総合ランキング9位
ストーリーランキング1位ともったいない評価をいただいた作品
夏の作品の続きのお話
前作で不明だったアレックスの動向を綴り
偽五の過去を解き明かしたり結構鬱な所もあったりと
やや暗い作品でもありました
難易度は少々高め、とは言え敵の防御力はほぼ全員1と
ダメージを与えていない感を少なくしたなどちょっとした工夫は凝らしてあります

斜に構えてプレイすれば厨二に見えます
でも用意された設定をしっかり語った作品でもあるとか
そんな評価も頂いています

恍惚がちょっと性格的におかしかったり秘奥義名が異常だったり
技の名前や敵の名前が特殊なのはともかく
自分が一番気になるのはもしもにこういう雰囲気のゲームは果たして合っていたのか、ということでしょうか
いつもは他の作品では明るく楽しく過ごしている彼らが
一転誰もギャグをせず異形のモンスター達と戦ったり変わった剣を持って戦ったりと
ひたすら真面目な雰囲気で殆ど息継ぎ無しでエンディングまで進むというストーリー
 まぁ他の人の作品とは当然繋がっていないので
はいはい設定設定なのですがね
それでも人によってはそんな不協和音を感じた人もいたかもしれません。
もしものシリアスゲーの宿命なのかもしれませんがね
01:34 : ツクールトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。